ソフィア・外国語研究協会

ソフィア・外国語研究協会は、
ボキャブラリーに特化した
語学検定試験を提供しています。
トップページサイトマップ お問い合わせ

これからの英語教育はどうあるべきか

 国際化社会が到来したと言う人は多いですが、一般の日本人にとって英語は使う機会もなければ使う必要もない言語ですし、今後もこうした状況が変わることもないでしょう。また、今後、仮に国際交流が増えるとしても、やはり圧倒的大多数の日本人にとっては、英語ができなくてもいっこうに困らない状態は続くでしょう。

 ただ一つ、ここ数十年の間に外国語を取り巻く環境に大きな変化があったとすれば、それはITの影響です。今や海外の情報はウエブサイトでいくらでも収集できますし、YouTubeで海外のテレビ番組も見放題です。

 こうした状況下で、これからの英語教育はどうあるべきかを考えてみましょう。

bookshelf 日本は遣随使・遣唐使の時代から主に書物を通して外国の優れた文化や文明を学び、国家レベルのみならず個人レベルでも資質を高めてきました。そしてそれ自体、大きな成果を挙げてきたといっていいでしょう。

 筆者はこの「書物を通して外国の優れた文化や文明を学ぶ」という伝統は今後も続けるべきであり、「英語の書物が読めるようになることを目的とした英語教育」を変える必要はないと考えます。英語は今や世界語ともいえる言語ですから、英語の書物を読めるメリットは計り知れません。「優れた本は翻訳で読めばいい」という人もいますが、翻訳されていない優れた本も多いのも事実です。

 筆者は、読めるようになることに加え、聞けるようになることのメリットも挙げたいと思います。先述したように今やYouTubeで世界中の動画を見ることができます。誰もが簡単に(しかも無料で)アクセスできる「海外への窓」ですから利用しない手はありません。

 一方、書け、話せるようになることに関しては、現状維持で十分と考えます。英語が書けず、話せない日本人は多いですが、先述したとおり圧倒的大多数の日本人にとっては、それでもまったく支障がないのですから、書け、話せるようになることを目標とした英語教育は適切ではないばかりか、多くの学生にとってはモチベーションが続かないものと考えます。

 また習得の難易度の観点から考えても、書け、話せるようになることは、読め、聞けるようになることの何倍も時間と労力を要します。今でさえ、読め、聞ける人が十分ではないのに、今以上に書け、話せるようになることに重点を置く必要はないと考えます。

 この点に関し鈴木孝夫氏は「これからの外国語教育は、何よりもまず日本人としての、自分の借り物でない意見や考えを、外に向かって外国語で立派に言える人、日本に固有な事情を外国人に説明して、しかも相手を納得できる人を養成する、外向きで積極的な発信型へと重点を移す必要があります(中略)そのためにも私は英独仏のような外国語教育の主目的は、もはや相手の国に関する情報の輸入消化ではなく、日本についての情報の国外発信へと、百八十度の方向転換をすべきだと考えています」(『日本人はなぜ英語ができないか (岩波新書) 』70ページ~)と述べています。

 たとえば、鈴木氏はご自身の体験から「参勤交代、お国詰め、譜代、外様、天領、お国替え、そして駕籠や関所といった、何でもない徳川時代についての日本語が、すっと右から左へ英語になって口から出てゆかないのです」と受信型の勉強では日本の文化を発信できないことを主張しています。たしかに「参勤交代」も「譜代」も英語で説明できるようになれば、それに超したことはありませんし、そういった実力を身につけた日本人も一定数必要でしょう。

 日本が超大国になった今、受信型から発信型の変換が必要というのも一理ありますが、筆者は英語教育の百八十度の方向転換は困難ではないかと考えます。第一、発信型の力が必要とされる職に就く人以外はモチベーションが続かないものと考えられます。というのも、英語が書け、話せるようになるには、たゆまない努力と莫大な時間、そしてそれを可能にする環境が必要だからです。高校生では難易度が高すぎると思われますし、平均的な大学生でも難しいと思います。また、せっかく日本の文化を英語で発信できる力が付いても、その力が発揮できる仕事につかないかぎり、宝の持ち腐れになります。そういう点から、発信型の実力をつけるのは、ごく一部の英語の専門家に任せておくべきで、マスレベルでは、読み、聞けるようになることに重点を置いたほうが望ましいと考えます。

 一方、英語が読め、聞けるようになれば、だれもが簡単に英語で情報を収集でき(しかもインターネットを利用すれば無料でできる場合も多く)、そのメリットは計りしれません。今はまだ「英語が読め、聞ける」といえる日本人はそれほど多くはないのですから、こうした事情を考慮すれば、学校での英語教育は「読めるようになること」を中心に「聞けるようになること」も視野に入れた教育であっていいように思います。もちろん発信型の力を養成する利点は否定しません。日本も超大国の仲間入りをしたのは事実ですから、日本の良さを発信する義務があるというのも頷けます。しかし、発信型の実力をつけたい人は特殊な訓練が可能な専門学校などで自ら進んでその力を養っていくことが望ましいのではないかと考えます。

 結論として、これからの英語教育は、従来どおり「英語の書物が読めるようになること」を中心に、「聞けるようになること」ことの比重を高め、「書け、話せるようになる」という目的に関しては現状維持で十分だと考えます。そして、発信型の力を養いたい人は自ら進んでその力を養える専門学校などに通うのが適切と考えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>