ソフィア・外国語研究協会

ソフィア・外国語研究協会は、
ボキャブラリーに特化した
語学検定試験を提供しています。
トップページサイトマップ お問い合わせ

イタリア児童文学にかいまみるイタリアの風習

 

 みなさんは日常生活の中で他人がキスをしているシーン、よく見ますか?kiss

  私はあまり見かけません。もっとも夜中に公園などのデートスポットにでも行けば話は変わってくるかもしれませんが(笑)。

  しかしイギリスは違います。昔、私がイギリスに留学していたころ、ほとんど毎日のようにキスをする人を街中で見かけたものです。

  公園で、街中で、レストランで、バーで、そして大学の構内ででも…。

  カップルがキスをしているのを毎日のように見かけました。

  それだけではなく、私がホームステイしていた家庭では、親子の間で「お休みのキス」というのをほぼ毎日見かけました。お父さんと息子が眠る前にほっぺにチューをするのです。

  男同士のキスなので、最初は度肝を抜かれたものでした。

  イギリスではキスをする人があまりにも多いのか、あるプールでは、「遊泳中にキスをすることを禁じる」という掲示が出ているのを見たこともあるくらいです。

  さて、イタリアはどうか。

  イタリアもキスをする文化なんですね。『クオーレ (新潮文庫)』から抜粋します。

  「デロッシはカラブリアの青年を抱きしめ、澄んだ声でいった。『ようこそ』。するとカラブリアの子がデロッシの両方の頬に強くキスをした

  これは男の子どうしのキスです。

  「先生はぼくにキスをして、階段の下までいってから、また声をかけた

  これは先生が生徒にキスをしています。

  「かあさんは、財布にあったお金をそのひとに全部あげると、男の子に口づけをした

  これはある女性が別の家庭の子供にキスをしています。

  このように文学作品に触れると、その国の風習も垣間見ることができます。こういう外国の風習が垣間見れることも、海外の作品を読む楽しみの一つですね。