ソフィア・外国語研究協会

ソフィア・外国語研究協会は、
ボキャブラリーに特化した
語学検定試験を提供しています。
トップページサイトマップ お問い合わせ

英語の「呼びかけの言葉」

 日本で名前を知らない人を呼びかけるとき、「ちょっとお客さん」とか「ちょっと、お姉さん」とか「ちょっと、お兄さん」ということがあります。この場合の「お客さん」「お姉さん」「お兄さん」は英語では”terms of address”(呼びかけの言葉)と言われるものです。

 著者の実感として最も多いのは「ちょっと、すみません」ではないかと思いますが、しかしそれでは「呼びかけの言葉」自体はないことになります。考えてみると、日本語には「呼びかけの言葉」はそれほど多くありません。

 筆者がイギリスに留学していたとき、イギリスでは相手の名前を知らないときに呼びかける言葉(terms of address)が非常にたくさんあることに気づきました。そこでイギリス人の知人・友人約50人に、どのような呼びかけの言葉があるかを尋ねて教えてもらったものが以下のものです。

dear, darling, love, duck, sweetie, petal, pet, chuck, baby, honey, babe, sugar pie, cuddles, blossom, honey, bunch, sweetheart, flower, me old cocker, me old fruit, me old china, mate, chicken, chick, angel, sweet pea, cutie pie, kid, pal, hen, sweet pea, my lover, sex goddess

これらを筆者なりに分類してみました。

1 見た目に美しいもの(花) petal, blossom, flower, sweet pea
2 甘いもの sweetie, honey, sugarpie, honey bunch
3 可愛い動物 duck, pet, chicken, chick, hen
4 赤ちゃん baby, babe
5 果物  me old fruit
6 恋人 dear, darling, sweetheart, my lover
7 友人 mate, pal
8 愛情を表したもの cuddles, love

筆者は35人のイギリス人にアンケートを依頼し、それぞれの言葉の使用頻度を very often(5点)、often(4点)、sometimes(3点)、not very often(2点)、rarely(2点)、never(0点)として評価してもらい、平均点を算出してみたところ、点数の高い順に次のような結果が得られました。

1位 love 3.26
2位 dear 3.14
3位 darling 2.40
4位 duck 1.89
5位   sweetie 1.64
6位   angel 1.58
7位   babe 1.43
8位   honey 1.34
9位   pet 1.27
10位 petal 1.16

ただし上記の結果はあくまで筆者が行ったアンケートの結果にすぎず、イギリス全土にわたって当てはまるものとは言えないものと考えられます。たとえば4位のduckは筆者が在住していたシェフィールド周辺しか使われないという話も聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>