ソフィア・外国語研究協会

ソフィア・外国語研究協会は、
ボキャブラリーに特化した
語学検定試験を提供しています。
トップページサイトマップ お問い合わせ

日本人は英語ができないのか

 「日本人は英語ができない」という趣旨の主張は多くの人がしてきています。この主張の裏側にはおそらく「他の国の人たちと比べて日本人は」という意味が隠されているでしょう。そしてその論拠としてよく引き合いに出されるのがTOEFLの国際比較です。

 しかし日本人の平均スコアが比較的低いという事実をもって「日本人は英語ができない」と見るのは非常に短絡的と言わざるをえません。というのも、母集団も異なれば、言語も文化も異なるのに、日本人と他の国の人たちを比較すること自体無理があるからです。

 ある国は非常に優秀なごく一部のエリートしか受験していないかもしれませんし、逆に別の国では英語が好きでもないのに半強制的に受けさせられている受験生が多くいるもしれません。そのような母集団となる受験生の質の差異を考慮せずにTOEFLの国際比較をしてもあまり意味はありません。

 母集団の差異だけではありません。言語や文化の差異も考慮しなければなりません。英語が母語でなくても、英語と似通った言語を母語としている人は、日本人が英語をマスターするのに必要な努力と比べると遙かに少ない努力で英語をマスターできます。また英語が公用語または準公用語になっている国では幼いときから英語を学ぶモチベーションが日本とは比べものにならないくらい高いでしょう。

 以上の理由から、日本人は英語ができるか否かを論じるときに他の国の人たちと比較することは無理があると考えます。特に国レベルでのTOEFLの平均得点をもって比較することはほとんど意味のないことです。

 では、他の国の人たちとの比較ではなく、日本人だけで考えた場合、はたして「日本人は英語ができない」と言えるのでしょうか。

 「英語ができる」という意味には、さまざまな解釈ができますが、英語が読めることを「できる」と解釈するならば、日本人はけっして英語ができないというわけではないと考えます。日本語と英語の言語的な差異や、日本では英語なしても十分生活できることも考慮すれば、「そこそこ英語ができる」といってもいい日本人は少なくないような気がします。

 鈴木孝夫氏も「日本人は英語の本を読むことを通して、明治の人々が国家目標として掲げた、西洋諸国に追いつくことを、百有余年かけてついてに達成したのですから、日本人は英語ができなかったとは言えない」(『日本人はなぜ英語ができないか』103ページ)と述べています。

 もっとも「英語ができる」を「英語が話せる」とか「英語が書ける」といった意味で解釈するならば、多くの日本人は「英語ができる」とは言えないでしょう。しかし、日本では英語なしでも十分生活できることを考えると、それはむしろ当然のことであり、それをもって「日本人は英語ができない」と主張するのは偏った考えではないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>